コンサティーナ100本ノック 12本目

1月開始で、6月末に12本。これは、ほんとうに4年かかってしまうなぁ。。

 

断捨離 100日毎記録

2101〜2200日目のものを振り返ってみます。
2200日を達成したのは、2024/1/19で、2100日からは10か月ほどでした。断捨離の総数は6716点になり、前回より278点増えました。前の集計期間よりペースはかなり落ち、でも点数は100くらい多くなりました。
ペースが落ちた理由は、母親の入院サポートで3回札幌に行き、家にいなかったというのが大きいです。その代わり、母親の家にあった子供の頃の私物を少し手放せました。
ペースが落ちたことで停滞感を感じて、このまとめをサボっているからかな?と思い、200日分くらいまとめをしたけど、そこで力尽きていました・・・。今回はやっと「ゲンジツ時間」に追いつけそうです。

板橋区の第九演奏会の連絡事項の冊子を2冊、プリーツのワンピース、2017年の医療費の領収証を41枚と明細(診療・調剤等)を23枚、モアフェリシモの5号(はなす)を2冊、トモズの会員カード、フェリシモの領収証(2017年の払込受領証)を14枚、職安でもらった冊子、R4確定申告のお知らせの書類を1通と納付書を1枚、秋モモンガロングTシャツ、耳鼻科の診察券、無投票になった選挙の入場整理券、桜の透かし模様のタオル、アロマ団体の昨年度の会員証、使い終わったと思われるセラミックマーカー、「『1日30分』を続けなさい!」という本、ユニクロのエアリズムか何かの白シャツ、フェリシモのリュック、MAXの穴あけパンチ、紺色に白い水玉模様のタオルハンカチ、古いマスカラ、ミニラボの夏物パジャマ(上下)を1セット、プリンスクラブとトモズポイントの説明の紙と冊子を計4点、古いギターの弦を1セット、蝶のヘアクリップ、おもちゃの三輪車と自転車の後部座席と部品取りしたタイヤの3点、earth music & ecologyの冬物の紫色のカーディガン、使いかけのスクラブボディウォッシュとホットクレイパック、フェリシモのカタログを2冊、珠算検定2級の問題集、作文みやぎの1983年2年編、フェルトのマスコットを6つ、郷土誌南つきさむ、使いかけの「〇〇会員証」作成用メモ帳、小さい籐籠を1つと香り玉を1袋、薄桃色のハチマキ、褒めてもらえる賞状を3枚、ハガキ(DMなど)を12枚、YAMAHAのネームタグ、くまさんのサイン帳を1つ、ノートパソコン用のバッグ、赤紫色の麻混のワンピース、「走りながら考える仕事術!」という本、昨年度のごみ収集日カレンダーを1枚と令和2年版のゴミ分別の冊子を1冊、インドレーヨンのストライプのスカート、白いインナーワンピ、フェリシモリブインコンフォートのカタログ、ラフマのスカロット、欠けてしまった茶杯、グレーの靴下、会社PCで使っていたマウス、カメのてんむすのエコバッグ、いのうえきくこさんの何かのTシャツ、使いかけの唐辛子の調味料、8月6日の買い物メモ、使いかけの古いリップバーム、るんるんデグさんTシャツ、桜模様の薄手のバスタオル、葡萄の絵の描かれた鈴、無印良品の黒いブラキャミ、無印良品の布製の肩掛け鞄、クマさんの布巾、カードの請求書とレシート(2021年1月分~12月分で請求書で39件分)、cawaiiの新緑と暮らす森スカート、ベルメゾンのカタログを2冊、ピコスルファートナトリウム錠を2錠、花柄のTシャツ、合皮の黒いアコーディオンのバッグ、薔薇の刺繍のタオルハンカチ、過去分のコロナワクチンの接種券を3枚、健康診断結果報告書を2冊と受診案内等の書類を3枚、秋冬物の茶色系色のスリッパ、ほぼ中身の入っていないカビキラー、針の飛び出ていたブローチピンを2つ、サニークラウズの秋カタログ、東京キッドブラザーズのキッドシアターのTシャツ、イオリのガーゼスカート、カタカナ語辞典を1冊、鳥模様のワンピース、シルクのリブ編みのキャミソール、黒いカップ付きの長袖インナー、ベージュの靴下、橙色の花柄のプルオーバー、お箸を4膳、黒いインナー、お賽銭箱の形の貯金箱、小さいまな板とまな板シートを各1枚、フォトペーパーを8枚、多分使い終わっているテレホンカード、スチームアイロンの箱、黄色いプラスチックフォーク、水色のタオル、雪の結晶のピアス、菜箸を1組、おそらくプリンターのケーブル、使い終わったラビューの特急券、割れてしまった黄緑色のチェックの植木鉢、育苗ポットを16個、使いかけの無印良品のリップトリートメント

断捨離 100日毎記録

2001〜2100日目のものを振り返ってみます。
2100日を達成したのは、2023/3/14で、2000日からは6か月ほどでした。断捨離の総数は6438点になり、前回より160点増えました。前の集計期間からペースは崩さずに、でも点数はぐっと減ってしまいました。
2000日を過ぎたら、「思い出の品」(人からいただいたものも含む)に手をつけようと決めていましたが、いただきものは手作りのブローチ1点しか手放してなかったです・・・。でも、買い替えでオーブンレンジと冷蔵庫(共に18年くらい使用)、アコーディオンケース(25年以上使用)など長期間使ったものを手放したので、それはある意味「思い出の品」だったのかも知れないと思いました。

「だいく」と書かれたカセットテープを1本、ゾウの編みぬいぐるみキットの毛糸の残りを1玉、下駄を1足、プラスチックトレーを1つ、絹靴下、オペラ座の怪人のカセットテープを1本、シースルーの靴下、白のキャミソールを1着、生成りのポーチ、透明のプラスチックケース、杢グレーのブラキャミ、丸いタッパー、メディカルエール(医療保険)関係の書類一式、レモモンガーちゃんの空き箱、靴下屋さんのノベルティーの布袋、使いかけののりパネ、イベントでもらったサンプルCD、電話の子機の充電器と専用アダプターを各1個、催しのスタッフTシャツ、ちゃおのおまけのカセットレーベルを3枚、スタンプを2つ、グレーの薄い軍手、勝間さんの本を1冊、2016年と2017年分の健康診断の結果報告書と受診案内を各1通、衣装(白猫セット、チシャ猫セット、ハートの女王セット、早替用ジャンスカ風セット、花時計の上衣のみ)と水着1セット、学校Tシャツ、ハチマキで計各8点、充電ケーブルを1本、ポシェットの紐、白い前結びボレロカーディガン、お仕事PC用の緑色のマウス、黒いハイソックス、オーブンレンジを1つ、お料理教室の資料一式、SM2のセーラー襟ワンピース、色彩検定3級の問題冊子を1冊、無印良品の緑色のカーディガン、基礎体温計、ジェットストリーム4&1、りぼんの付録のピンナップを2枚、紺色の六分丈パンツ、セロテープカッター、2021年のファンケルカレンダー、ぬいぐるみを4点(モモンガ×2、腕まくま、犬)とお守りを1つ、リスクロースの麻混シャツ、わさびチューブを2本、サエちゃんの仮ワンピース、もう持っていないコートの裏地、37鍵アコーディオン用のケースを1つ、ネジを1本とミニスパナを1つ、カエルのショート靴下、スポイト遮光瓶、ELECTRIC SEXYのツアーTシャツ、写真用プリンターを1つ、羽衣化しているヒートテック、花柄のインナー、水色のシャツ、水玉模様のニット靴下、布巾、黒いレギンス、革のお花のブローチ、絹の5本指靴下、もうとっくに飲み終わっている酔い止めの空箱、もう持っていない保存容器の取扱説明書、トラの写真を1枚と折り鶴を1羽、破けてしまった絹の5本指靴下、整形外科の診察券、旅行支援のあとから割関連の書類一式、赤と緑色のゴムを2本、使いかけのニールズヤードの日焼け止めクリーム、使いかけのニールズヤードのミネラルファンデーション、使いかけのシアバター、杢グレーに花柄のカットソー、冷蔵庫、色彩検定3級の対策本、内科の診察券、マイナンバー&マイナポイント関係のリーフレットを3冊と書類を4枚、白いティーポット、楽譜と歌詞カードなどを計5枚、スノードームの作り方の紙、冷蔵庫の取扱説明書、瓶の蓋と内蓋を計3つ、雪まつりの絵葉書を6枚、めん棒、種ともこさんのシングルCD(ダイエット・ゴーゴー/ゲンキ力爆弾)を1枚、スタンプペンを1本、キイロイトリの平皿、ガチャの説明の紙を1枚と残りのシールを1枚、水色のスタンプペン、円盤プレスのカタログやチラシなどを5つ、楽譜を7枚、タンパクトの個包装の袋、ガラス瓶を1つと保存容器を1つ、鉛筆削り、鹿の模様の靴下、ベージュのレギンス、木の洗濯バサミを2つ、薄橙の和紙を3枚、新生お取引レポート2019年分等を6枚と口座開設の手引を1冊、ポコちゃんの丸缶、フェリシモのレース模様のお皿、大きな洗濯バサミ

断捨離 100日毎記録

1901〜2000日目のものを振り返ってみます。

2000日を達成したのは、2022/9/15で、1900日からは6か月ほどでした。断捨離の総数は6278点になり、前回より284点増えました。前の集計期間より、ちょいゆっくりペース、点数も少なめでした。

この期間の印象的なことは、手持ちにアニメグッズについてツイートしたら見知らぬ方が声をかけてくださり、その方にお譲りできたということです。自分が好きで長く手放せなかったものを、いまでも大切に思って引き取ってくださる方にお渡しできて、とても嬉しい出来事でした。

S社の医療保険の書類一式、A団体の社員候補告知書類を2通、フェリシモ霜降りレギンス、整形外科の診察券、すごい前に持ち歩いてた薬袋の中のお薬一式、西武プリンスクラブの会員カード、PVシステムのカタログ、おふろの王様の会員カード、ヘアクリップミニを5つ、漢字テストを1枚、使いかけの手帳用リフィルを1袋、未使用の押し花用のキーホルダー、ニットとレースの変形カーディガン、ピングーの赤いタオル、カードの請求書とレシート(2008年1月分~7月分と11月分で請求書で11件分)、夕張メロンの箱、クーピーペンシルを2本とクレヨンを1本、名札のケース、カードの請求書とレシート(2007年2~3月分と5~12月分で請求書で11件分)、ハーブの団体の2021年度の会員証、エスポワールの3月号、ゼリー化してしまったペーパークラフト用のり、壊れたバルタン星人のクリップ、使いかけの色付きリップクリーム、猿が体操しているスタンプ、白いアノラック、ミニバラの蕾の造花、カードの請求書とレシート(2020年1月分~12月分で請求書で19件分)、フラットファイルとインデックスを各1つ、割り箸とカワウソの箸を計三膳と、スプーンとフォークを計3本と、プラスプーンを3本と、スティック砂糖?を3本とティーボールスティック、新聞ストッカー、お花と三つ編みのヘアーバンド、きなりのTシャツ、クラブオンカード、アロマの団体の2021年度の会員証、スタンプ(ペンギンとペイネ)を2つ、平成21年の医療費のお知らせを1通と、診察券を1枚、黒いハイソックス、グレーの靴下、レンチ、K証券の通知ハガキをを9枚、絹のリブ編みの靴下、黒のタイツ、缶のベーキングパウダーを2つと小袋のベーキングパウダーを2つ、固まっているクエン酸を2袋、ピンクのスカーフ、クレヨンを10本、おじさんの手帳用クリアファイル、裾レースのカットソー、くまさんの保冷剤、丸正ファンカード、杢グレーの靴下、使いかけのシアバター、使用済パスネット、パイナップルと郵便番号枠のスタンプを各1つ、国民年金国民健康保険の平成16年の納付書などと住民税の平成18年の納付書などを計22枚、未使用MDを計11枚、2022年の企業カレンダー、なんらかのボタン、ポールハンガー、お友達図鑑という冊子、冷えとり4枚目用の黄土色の綿靴下、ベージュのペチコート、金融機関の古い冊子を2冊、冷え取り靴下の2枚目用の綿5本指靴下、ジリオンの下敷きとカセットインデックスを各1枚とアニメ関係のシールを1シートと綿の国星のフィルムブックとパンフレットを各1冊、プラクリティのワンピース、姫くるみ70g、元気生活を1冊、使いかけの古いカビ取り洗剤、MDを1枚、冬物のバラのイヤリングを1つ、使いかけのピンクペッパーを1袋、元気生活の4月号を1冊、お花の刺繍のついた紺色のTシャツ、小さな巾着袋、レースのついたホルターネックのビスチェ、N証券の取引明細を12枚と特定口座への切り替え関連の書類を10枚、黄色い布巾、茶色系の花柄のストール、フェリシモの旅行鞄、4リットルの果実酒瓶、ニットレースのレギンス、黄色いタオル、N証券の取引明細を14枚、黒と紫のブラキャミを各1枚、ビーチボーイズのカセットテープ、紺色の化繊のハイソックス、フェリシモの針金細工キットの針金を11セット分(33巻)、古いお薬を31錠、T社の社内報を1部、カード屋さんの冊子、黒いレースのついたアームカバー、空き缶つぶし、ボーダーストライプのワンピースを1着と、レースのついた黒いキャミソールを1枚、割れちゃった洗濯バサミ、クラゲのショート靴下、折りたたみ式のスティック掃除機、メモ帳ケース、荷紐を1本

「ちはやふる plus きみがため(1)」

最初から最後まで、凛風ちゃんが可愛くて、「かるた習わせて」っていう時の物語が始まったような真剣な眼差しがよかったです。凛月くんの環境がつらいけど「心は自分のものだ」って気付けたこと、それが強さになると思った。「ガムシャラにならないやつのためになんでおれが」からあんな短期間で、安田さんのための上級生も巻き込んでのお水取り遠足を決行して、十分「きみがため」できてると思った。1年生、みんなキャラが濃くて、この先が楽しみ。

読了日:(2024年)6月23日 著者:末次 由紀

「雨と君と(4)」

預かった猫ちゃんと仲良くなろうとしたり、重いって言われてちょっと怒ったり、今回もかわいいタヌキだった。

読了日:(2024年)6月1日 著者:二階堂 幸

2024年7冊目「PGAジュニア基本ゴルフ教本」

思い立って音読の9冊目。ジュニアなので、中高生向けの教本ということでしょうか。初めてのゴルフ教室で、言われるたくさんの言葉がわからなすぎたので、教室で見せてもらった本と同じものを探して買いました。1周音読して、果てしない世界に、私はまだ半歩くらい踏み出したところなのだなぁと気が遠くなりました。お教室に行っても、1日に言われたことの1つくらいしか覚えて帰れないけれど、本を眺めていたら、あぁ、そういうことか!と思い出せるので、買ってよかったです。

読了日:(2024年)5月30日 著者:(公社)日本プロゴルフ協会

2024年6冊目「なぜ日本は原発を止められないのか?」

都度、記事の元になるインタビューの日付が記されているのがよいと思いました。震災時の事故の件で、2章の専門家の疑問の最後に書かれていた「特定の組織とか個人の責任ではなく、原子力に携わってきたすべての人それぞれがその立場で責任を共有すべき」という鈴木氏の言葉がその通りと思った。それは、無知なまま電気を使っている側の自分達を含めてです。「首相の判断で原発をゼロにできる」というのは本当なのか。だったら、脱原発の人が全員自民党員になって、2年後に河野さんを総裁にすれば解決なのでは!?と思ってしまった。

読了日:(2024年)5月19日 著者:青木 美希

「雨と君と(3)」

新年会で友達をお家に招いているのに、途中で、たぬきと一緒にお散歩にに行ってしまう、その主人公と友達たちの関係が、いいな~と思いました。

読了日:(2024年)4月29日 著者:二階堂 幸

コンサティーナ100本ノック 11本目

着物リメイクのチュニックが完成したので、背景からいなくなりました!

「雨と君と(2)」


1巻を読んだときは、主人公は謎な人のまま、たぬきの可愛さを描いていく漫画なのかな?と思ったけれど、そうではなかった。まわりのひとがいることで、わかってくることもあるのだなぁと思いました。私も、学生時代の進路希望とか、とりあえず大人が求める回答を出しておくということが苦手だったなぁ。今ならできるかなぁ。やっぱり無理かなぁ。

読了日:(2024年)4月29日 著者:二階堂 幸

2024年5冊目「する、しない。」

夕方5時からのおつまみの本がよかったので、こちらも読んでみました。みつろうラップという存在が、私は少し苦手かなと思っていたのですが、生姜の保存によいと書かれていて、ちょっとチャレンジしてみたくなりました。タイミングと量のコントロールで、おくりものはほどほどにというのも、見習いたい。ドライヤーでレプロナイザーをオススメしていて、買い替え候補としては重さが気になると思っていたけれど、重いのならばなおさら、もっと年を取る前に試してもいいかも?という気がしてきました。

読了日:(2024年)4月20日 著者:伊藤 まさこ

2024年4冊目「いとおしむ暮らし」

内田 彩仍さんの本は初めて読みました。若い頃の彩仍さんは苦手かもしれないと思い1冊目を慎重に選びましたが、数年前のこの本を、今の自分が読んだことが、とてもよかったです。「できなくなったのも、いいこと」とか「回復力が弱くなってきた」とかの章立てがとても身近に感じて、同世代の遠い友達からのお手紙のような気分で読みました。

読了日:(2024年)3月31日 著者:内田 彩仍

2024年3冊目「訂正する力」

最初の方は「ふしぎの国のアリス」を読んでいるような気分になった。ここ数年特に、その時々で状況は変わるのだから、自分の考えや認識を常に更新しながら生きていくのは当たり前でしょう?と思うことが多かったのだけど、世の中そうでもないから、こういう本が出版されるのか・・・と思いました。再認識でも言い訳でも、「じつは……だった」は、どんどん使えばいいと思う。あと、自分の無意識にある「すべてあきらめ成り行き任せ」な体質は、浄土真宗から来ているのだろうかと思ってしまった。

読了日:(2024年)3月26日 著者:東 浩紀

2024年2冊目「仕事に追われない仕事術マニャーナの法則・完全版」

思い立って音読の8冊目。だいすきなマニャーナの法則の完全版が出たということで気になりつつも、絵が可愛くないという理由で、買うまで数年かかりました。今回、自分に響いたのは、「二等分法」と「抵抗が大きい仕事からする」の2つです。二等分法は、仕事を半分に分け続けていくと、最後には抵抗感がなくなる最初の小さなステップが何かがわかるというもの。最初の小さなステップの探し方は、私はいつも、山崩しみたいな感じでやっていたけれど、紙に書いて半分にしていき、それがそのままやることリストになるのが、とてもいいなと思いました。

読了日:(2024年)2月29日 著者:マーク・フォースター